食事・美容・買物

身体に優しい台湾朝ごはんでしっかりエネルギーチャージ!台湾定番の朝食をご紹介!

台湾では一般家庭にも外食文化が根付いており、朝ごはんを外で食べる人が本当に多いんです。そのため、早朝からオープンしているお店も多く、街中には朝から至るところで温かい湯気が立ち上っています。せっかくの台湾旅行、ホテルの朝食をスキップして街へ繰り出してみませんか?ここでは、台湾で人気の朝食やおすすめのお店情報などをご紹介します。

台湾の定番朝ごはん!「豆漿」

台湾の定番の朝食といえば「豆漿」です。街中には朝早くから営業している豆漿専門店も多く見かけます。豆漿とは豆乳のこと。豆乳はクセがあるから苦手…という人でも、豆漿はあまりクセがないので食べやすいのが特徴です。ほとんどのお店では豆漿の温度を「熱・温・冷」から選ぶことができ、現地の人は暑い夏でも温かいものを選ぶ人が多く見られます。

その種類もさまざまで、温かい豆乳に酢を加えてトロトロ食感にしたものは「鹹豆漿」と呼ばれています。こちらは、ネギや干しえび、ザーサイなどを加えた塩味の豆乳甘くない揚げパン「油條」と一緒に食べるのが定番です。他には、砂糖で甘味をつけた「甜豆漿」などもあります。

豆漿は身体に優しくとてもヘルシーなので、朝からエネルギーチャージするのにぴったり!お店ごとに味やトッピングが異なるので、自分のお気に入りのお店を見つけてみましょう。

豆漿がおいしいおすすめのお店

世紀豆漿大王

「世紀豆漿大王」は、人気の観光スポット「雙連朝市」からも歩いてすぐの場所にあるお店です。朝から元気な台湾のお母さんたちが調理をしている姿を入り口から見ることができるでしょう。こちらの豆漿はふわふわのおぼろ豆腐みたいな食感で、切干大根やねぎ、酸菜などたっぷりの具が入っています。優しくあっさりとした味は朝食にぴったり!油條を浸しながら食べるとコクが増すのでおすすめです。日本語のメニューもあるので、漢字メニューが読めない人でも安心ですね。

住所 台北市林森北路310巷27号
電話番号 (02)2567-3115
営業時間 6:00~11:30、18:00~23:30
定休日 不定期で月1日

阜杭豆漿

「阜杭豆漿」は、台湾の朝ごはんでは知る人ぞ知る人気店。連日早朝から行列ができることでも有名なんです。こちらのお店で一番のおすすめはやはり「鹹豆漿」ネギや干しえび、ザーサイ、黒酢、塩などが入った豆漿にはパクチーがトッピングされます(苦手な人は抜いてもらうように頼みましょう)。身体にじんわりと染み込むおいしさに、また訪れたいと思わせてくれるお店です。ほんのりついた甘みがおいしい甜豆漿もおすすめですよ。

住所 台北市忠孝東路一段108号2F-28
電話番号 (02)2392-2175
営業時間 5:30~12:30くらい(なくなり次第終了)
定休日 月曜日、旧正月5日間、端午節、中秋節

朝からじんわりと胃を温めてくれる「お粥」

日本では具合が悪いときにお粥を食べるというイメージがあるかもしれませんが、台湾では朝食に夜食にとなくてはならない食べものです。特に、温かくて消化の良いお粥は朝食に最適だとされています。お粥の種類は実にたくさんあり、ボリュームたっぷりの肉粥や魚介の旨みが凝縮された魚のお粥、野菜だけのヘルシー粥などなど。お腹の具合に合わせて食べたいお粥を選びましょう。海外旅行では食べ慣れない料理ばかりで胃が疲れてしまうこともありますが、お粥を食べて胃を休ませることもできます。

お粥がおいしいおすすめのお店

糜家荘

「糜家荘」は広東省の料理が食べられるお店ですが、メニューの中でもトロトロのお粥は絶品と評判です。こちらのお店では、豚やカニなど約10種類ものお粥から選ぶことができます。中でも人気なのが「鶏肉と椎茸のお粥」です。お粥に合う数種類のお米を厳選ブレンドし、お米を入れる順番や煮込み時間などをメニューごとに変えているというこだわりぶり!ぜひ絶品のお粥を堪能してみてくださいね。

住所 台北市中山区吉林路226号
電話番号 (02) 2541-7366
営業時間 17:30~3:00(金土~4:00)
定休日 年中無休

清粥小菜

地元の人で毎日賑わっているお粥店「清粥小菜」。青いテントが目印のお店の前では、いつもたくさんのお客さんがおいしそうにお粥を食べています。清粥小菜ではシンプルなお粥をトレーに受け取ったら、たくさん用意してあるトッピングの中から自分の好きなものを指で指して追加することができます。茹で青菜や肉そぼろ、湯葉などといった具材が並んでいるので、どれにしようか迷ってしまいますね!手軽にお粥を食べたい人におすすめです。

住所 台北市南京西路233巷20号(永楽布市場前)
営業時間 6:00~10:30
定休日 日曜日

もちもち食感がたまらない「蛋餅」

朝食が提供するほとんどのお店で食べられる「蛋餅」は、もちもち生地と卵を一緒に焼いた甘くないクレープです。「台湾風の卵焼きクレープ」といったところでしょうか。シンプルなものからネギやチーズなどの具材を一緒に焼いたものまでいろ色な種類のものがあり、地元の人はチリソースや醤油ソースをかけて食べています。一口サイズに切り分けて出されるのでとても食べやすく、テイクアウトして持ち帰る人の姿も多く見かけます。

台湾式おにぎり「飯糰 」

1日をしっかりとした朝食でスタートしたい人におすすめなのが「飯糰 」です。飯糰は見た目は日本のおにぎりと同じように見えますが、もち米を使用しているのが特徴。中にはからし菜の漬物や切り干し大根、卵、デンブなどの具材がたっぷりと入っているので、栄養面でもパーフェクト!ラップで棒状に包んであるので食べやすく、歩きながらでも食べることができる手軽さが人気の秘密でしょう。

B級グルメの「胡椒餅」を朝食に

もともとは中国発祥の葱肉餅から発展した「胡椒餅」。釜で皮をパリパリと香ばしく焼き上げ、中からはたっぷりの肉汁が!豚肉とネギの餡に食欲がそそられる一品です。台湾では屋台で手軽に食べられるB級グルメとして不動の人気を誇っています。朝から焼きたて熱々の胡椒餅を提供するお店や屋台もあるので、見つけたらぜひ朝食に食べてみませんか?

台湾朝ごはんまとめ

グルメ大国台湾では、朝からおいしいものを食べられるお店がいっぱい!身体に優しいものからボリューム満点のものまで、自分のお腹具合に合わせてお店を選びましょう。ホテルやカフェなどでの落ち着いた朝食もいいですが、台湾ならではの食堂や屋台などで地元の人と一緒に食べる朝食は格別です。きっと忘れられない台湾旅行の思い出になるでしょう。

▶【小籠包に牛肉麺!おすすめ台湾グルメを紹介!】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事