食事・美容・買物

一度は食べたい本場の「台湾火鍋」!旨みが凝縮したスープがやみつきになる!?

台湾で人気の「火鍋」という料理をご存じですか?食べると身体がポカポカと温まり、健康になれるともいわれるヘルシー料理です。人気の火鍋店は予約なしでは入れないというところも!せっかくの台湾旅行、本場の火鍋を堪能したいですね。こちらの記事では、台湾火鍋の魅力や食べ方、おすすめのお店などについてご紹介します。

台湾火鍋とはどんな料理?

「火鍋」と聞くとつい辛い鍋を想像してしまいますが、台湾では火鍋=鍋料理全般のことを指します。日本では鍋料理は冬の食べ物とされますが、台湾では年間を通じて食べる料理!おひとり様鍋から大勢で囲む鍋まで、そのスタイルも実にさまざまなんです。

また、日本ではもつ鍋やしゃぶしゃぶ、水炊きなど1種類の鍋の専門店が多い中、台湾では一つのお店でいろいろな種類のスープや具材を選ぶことができるのも特徴です。そのため、スープや具材の組み合わせ次第で、自分好みの鍋を楽しむことができますよ。一般的には、まず金属製の鍋にスープを注ぎ、そこへ肉や魚、野菜などの具材を入れて食べるスタイルです。

鍋のスープにはどんなものがある?

台湾の火鍋を分類すると、まずは辛いものと辛くないものに分けられ、スープもあっさり系からこってり系までバラエティ豊か!唐辛子などを使用した辛い鍋のことは「麻辣火鍋」と呼ばれています。火鍋を注文する際にはまずスープから選びますが、台湾ではスープのことを「鍋底」といいます。代表的なスープは以下のようなラインナップです。

  • 原味:もっとも基本的なスープとされる白湯(パイタン)もしくは醤油ベース
  • 養生鍋:漢方ベースの薬膳スープ。
  • 牛奶鍋:ミルク鍋(チーズが入ったものは「起司牛奶鍋」とも呼ばれる)
  • 咖喱鍋:カレー鍋
  • 韓式包菜鍋:キムチ鍋
  • 番茄鍋:トマト鍋
  • 素食鍋:ベジタリアン鍋
  • 沙茶鍋:台湾で人気のバーベキューソースを使用した鍋
  • 鴛鴦鍋:鍋が中央から分かれ、2種類の味を楽しめる鍋

火鍋のオーダー方法は?

鍋料理のお店に入ったら、まずはメニューからスープ(鍋底)を選びましょう。鍋が中で複数に仕切られているものなら、数種類のスープを選ぶことができます。鍋のベースが決まったら、次に選ぶのが具材です。具材は一覧のリストになっているお店が多く、食べたい分だけの数量をオーダー票に記入します。途中追加もできるので、まずは食べきれそうな分だけを注文するといいですね。

一人鍋の場合は、一人分の鍋の具材があらかじめセットで用意してあります。ただし、肉や魚介類などのメインの具材は選ぶことができます。

火鍋はオリジナルのタレで楽しもう

火鍋をより楽しむために、オリジナルのタレをつくりましょう。鍋のお店では、各自が好みの味をアレンジできるようタレの材料が用意してあります。醤油やネギ、おろしニンニク、卵黄、酢、砂糖、練りゴマ、ラー油などを自由に組み合わせれば、自分だけの絶品タレのできあがり!

中でも、地元台湾の人に人気がある調味料が「沙茶醤(サーチャージャン)」です。沙茶醤とは、干しエビやヒラメなどの魚介類からつくられる濃厚な調味料で、ほんのり辛みも感じるタレ。たいていの火鍋のお店では見かけるはずですよ!食べている途中でも少しづつタレの具材を追加していくことで、鍋の味を変えながら食べることができるのもポイントです。

火鍋の食べ放題もある?

台湾では、食べ放題のことを「吃到飽(ツーダーパオ)」といいます。もちろん、火鍋でも食べ放題ができるお店はありますよ。お店によってスタイルは異なりますが、テーブルまで具材を運んで来てくれるお店の場合は、オーダー票に希望の食材を記入して店員さんに渡せばOKです。鍋だけでなく飲み物やデザートまで食べ放題プランに含まれている場合もあるので、とてもお得なのもうれしいですね。みんなでワイワイと鍋を囲みたいときにもおすすめです。

火鍋が人気のおすすめのお店3選

台北市内にはたくさんの火鍋店があり、どこにしようか迷ってしまいます。ここでは、台北で人気のお店を3つご紹介しましょう。

①無老鍋

台湾で有名な高級鍋チェーンのお店「無老鍋」。台北、台中、高雄に計5店舗があり、台北市内には3店舗を有しています。こちらのお店で人気の鍋は「膠原蛋白美顔鍋(コラーゲン美顔鍋)」「無老長生香辣鍋(不老長寿鍋)」です。膠原蛋白美顔鍋とは漢方や薬膳の考え方を元につくられた鍋で、身体にとても優しくヘルシーなのがポイント!おまけにコラーゲンもたっぷりなので、美に敏感な女子に大人気の鍋なんです。

一方の無老長生香辣鍋は、膠原蛋白美顔鍋のスープに辛味エキスを加えた鍋。オーナーが長年研究してやっとたどり着いたという人気の鍋をぜひ味わってみませんか?食べれば食べるほど長生きできそうな絶品鍋です。辛いのが苦手な人には、マイルドな「アイスクリーム豆腐鍋」もおすすめですよ。また、無老鍋は接客レベルが高いことでも有名です。日本語を話せるスタッフもいるので、メニューや食べ方などでわからないことがあったら気軽に質問してみましょう。

住所 台北市新生南路一段124号
電話番号 (02)3322-5529
営業時間 11:00~深夜4:00
定休日 年中無休

②鼎王麻辣鍋

もともと台中の小さな屋台からスタートした「鼎王麻辣鍋」は、現在では台北にも店舗を持つ人気店となりました。茶色を多用した落ち着いた高級感あふれる店内で、ゆっくりと火鍋を楽しむことができます。こちらのお店のイチオシは、激辛の「麻辣鍋」。ただ辛いだけでなく、辛さの中に深い旨みを感じることができるでしょう。もちろん、辛さの調節をすることもできるのでご安心を。

約30種類の漢方やフルーツ、野菜などの旨みが凝縮されたスープに、現地の火鍋のおいしさを体感するでしょう。また、酸菜(酸味のある漬物)がたっぷりと入った「東北酸菜鍋」もヘルシーでおすすめです。

住所 台北市光復北路89号(台北店)
電話番号 (02)2742-1199
営業時間 11:30~深夜4:00
定休日 年中無休

③海覇王金牌火鍋

「海覇王金牌火鍋」は、オーダービュッフェスタイルの火鍋のお店です。注文した具材を店員さんが席まで運んでくれます。オーダービュッフェなので、新鮮な食材が食べれるとあって大人気のお店なんです。メニューには食材の名前だけでなく写真も付いていて、さらには日本語メニューもあるので注文しやすいのが特徴です。具材は数種類のお肉やエビ、自家製つみれ、モツ、練り物、野菜、きのこなどとたっぷり!ハチノスや牛すじなどは辛い鍋との相性も抜群です。ドリンクやデザートも充実しているので、お腹いっぱいになること間違いなし!

こちらのお店は2時間制の食べ放題となっていて、入店時間によって料金が変わるシステムです。お酒や飲み物も持ち込みOKで、持ち込み料がかからないのもうれしいですね。

住所 台北市南京東路三段285号2F(南京店)
電話番号 (02)8712-6337
営業時間 11:30~深夜2:00
定休日 年中無休

台湾火鍋まとめ

台湾の人が日常的に食べている火鍋。せっかく台湾を訪れたら、本場の火鍋を体験してみましょう。辛くない鍋もあるので、小さい子どもさんや辛いのが苦手な人が一緒でも大丈夫!一度に数種類のスープを選ぶことができるのも火鍋ならではの楽しみ方でしょう。旨みが凝縮されたスープを飲んで、身体の中から元気になれるはずです。

▶【小籠包に牛肉麺!おすすめ台湾グルメを紹介!】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事