観光情報

台湾の占いは当たる?人気の占いスポット&占いの種類まとめ

台湾には占いスポットがたくさん!当たったという人も数多く見られます。今回は、「占い横丁」などの台湾人気占いスポットと、どんな占いがあるのかをご紹介します。

日本語ができる占い師もたくさんいるので、旅行客でも気軽に利用できます。恋愛運や仕事運など、相談したら悩みがスッキリするかもしれませんよ! 

台湾の占いの基礎知識 

台湾人にとって占いや風水は、生活の中で欠かせません。結婚や出産、引越しなど人生の一大イベントごとだけでなく、家具の配置まで占いや風水で決める人も多いのだとか。

実際に台湾にはたくさんの占いがありますが、ここでは代表的な占いをご紹介しますね。

台湾占いの種類

 気になる台湾の占い、一体どんな種類があるでしょうか。

四柱推命

四柱推命とは太古の中国で生まれた運命学の1で、陰陽五行説をもとに、人が生まれながらに持つ性格や能力、素質だけでなく、その後の人生で培う後天的な運命まで占うことができます。 

占い方法は、まず生まれた年、月、日、時間を4つの柱に見立てて、さらに人生を4つに分けたそれぞれの時期に、干支や星からその人の運命や宿命を見ていきます。運勢を広範囲に渡って見ることができるため、結婚や仕事運などが知りたい人におすすめ。

料金は、1520分で約1,000台湾元(約3,500円)ほど。東洋の占星術の中でも、信頼性が高いと言われていますので、日本人にとくに人気のある占いです。

米粒占い

米粒占いとは、台湾で古くから伝わるポピュラーな占いの1つ。まず紙に名前と生年月日を記入し、占いたいことを心に浮かべながら、自らの手でお椀から米粒を3回にわけてつまみ、つかんだお米の数で運勢を占うというもの。

恋愛運や結婚運、仕事、健康、金運など幅広く占うことができますが、遠い未来ではなく、この先1年ほどの近い将来を知りたい場合によく当たるのだとか。

料金は、1つのテーマで300600台湾元(約1,000円~2,000円)ほど。シンプルな占いながらも的確に開運アドバイスがもらえると評判なので、気軽にトライしやすいのもうれしいですね。

紫微斗数

紫微斗数(しびとすう)とは、中国の唐の時代から長い歴史を持つ占いです。日本ではあまり知られていませんが、占いの的中率が高いことから、中国や台湾では大人気。

太陰太陽歴をもとに占う紫微斗数は、まず生年月日と生まれた時間から「命盤」を作り、命盤に星がどのように配置されるかによって、個人の運命を細かく判断していきます。

料金は四柱推命よりも高額にはなるものの、より核心に迫った占いができるため、一生の運勢を知りたい方におすすめ。鑑定時間は約40分で、およそ2,000台湾元(7,000円)ほどになります。

手相・面相

日本でもなじみのある手相、面相占い。手相は、手のひらの大きさや厚み、血色、手のひらに刻まれたシワの形でその人の運勢を読み取ります。面相は、顔全体のバランスやほくろの位置、顔色、骨格、声などからその人の性格や運勢を占っていきます。

料金は、手相で500台湾元(約1,500円~)、手相と面相を合わすと1,200台湾元(約3,600円~)が大体の相場。手相や面相は、時間が経つと変化をしていくものなので、現状を把握する上でも、今の自分がどのような状況なのか客観的に知ることができるのも人気の一つ。

台湾占いに行く前に準備すること

台湾の占いでは、生年月日だけでなく出生時間をもとに占うものがほとんどのため、台湾で占いをしよう!と思っている方は、出発前に出生時間や生まれた場所を確認しておきましょう。

また、雑誌やテレビ、インターネットなどでよく当たる!と評判の占い師さんは、できたら事前に予約をしておくのがベター。営業時間であってもお客さんがいなければ、席を外してしまう場合もあるのでご注意を。

台湾の人気占いスポット①行天宮占い横丁

台北市の中山区に位置する行天宮は、商売の神さまを祀る伝統ある廟です。台北屈伸のパワースポットとしても有名で、多いときには、12万人以上訪れることもあるのだとか。

そんな行天宮前地下道には、「占い横丁」と呼ばれるスポットがあり、西側と東側に10軒ずつ、合わせて20軒の占いブースが立ち並んでいます。

ここへ占いに来るほとんどが日本人観光客なので、中国語ができなくてもOK日本語が話せる占い師さんがいるので、初めての人でも安心できる雰囲気が人気の秘訣です。

「何も伝えていないのに、子どもの数や性別を当てられた!自分の知らない一面を気づかせてもらっておもしろかった。占いの方法が選べ、話しやすくとても親身になってくれた。ゲーム感覚で訪れるのがベスト。」などの口コミを見てもわかるように、気軽に台湾の占いを楽しむことができるスポットです。

台湾の人気占いスポット②龍山寺占い街

龍山寺は、18世紀に建てられた台北最古のお寺です。仏教寺院ではあるものの、境内には道教の神さまも祀られ、それぞれの神様に異なるご利益があると、観光客だけでなく、台湾の人々からも絶大な人気を誇ります。

その龍山寺の地下街に直結する「算命街(スァンミンチェ)」は、台北最大の占いの街として2005年にオープンし、ゆったりとした広場には、40以上の占いブースが立ち並び、あらゆる占いが揃っているのが特徴。

「よく当たると聞いていたが、日本に帰ってすぐに本当に占いが当たったので驚いた!時間をかけてゆっくりと占ってもらえるのでうれしい」といった声もあり、行天宮よりも静かで落ち着いた雰囲気が人気です。

▶【台湾では外せないパワースポット!?恋愛成就のご利益で知られる「龍山寺」丸わかりガイド!】はこちら

台湾の占い情報まとめ

台湾では、占いがとっても盛んなので、いろんな方法でさまざまな運勢を占うことができるのが魅力。台湾へ訪れた際は、観光の想い出に台湾の占いを一度体験してみてはいかがでしょうか。なかには、悪いことを言われてしまったらどうしよう、と思う方もいるかもしれませんが、本当にいい占い師さんであれば、運勢をよくするためのアドバイスもしっかりとしてくれますよ♪

RECOMMEND おすすめの記事