観光情報

台湾で人気のローカル鉄道!平渓線に乗って1日たっぷり遊べるおすすめ観光プラン

台北の北部、山あいの渓流に沿って走る平渓線は、ランタンの街で有名な十分をはじめ、魅力的なスポットをつなぐ人気のローカル鉄道です。

今回は、平渓線沿いの風情あふれる街やスポットをはじめ、平渓線に乗ってたっぷり遊べる1日観光プランをご紹介いたします。

台湾の平渓線とは

 

平渓線(ピンシー線)とは、台湾北東部の三貂嶺(サンディァオリン)駅~菁桐(チントン)駅を結ぶローカル鉄道です。

かつては、石炭を運ぶ目的で使われていた鉄道でしたが、炭鉱の衰退とともに廃線の危機を迎えたものの、のちに復活。今ではカメラ片手に観光客が押し寄せる台湾の名物列車として、多くのファンを魅了する鉄道になっています。

台北から平渓線を利用される場合は、台北駅から台湾鉄道で瑞芳(ずいほう/ルイファン)駅へ行き、瑞芳駅で平渓線の列車に乗りかえるのが一般的。

この瑞芳駅は、千と千尋の神隠しの舞台になったといわれる九份観光の玄関口となる駅でもあるため、平渓線観光と九份観光を組み合わせてみるのもおすすめですよ。

▶【「千と千尋の神隠し」の舞台で知られる台湾九份の見どころとは?名物グルメもご紹介】はこちら

また、平渓エリアといえば、旧暦の115日前後の夜に毎年開催される平渓ランタンフェスティバルが有名です。一斉に夜空へランタンが吸い込まれていく幻想的な光景を見ようと、国内外から多くの観光客が押し寄せ、当日は平渓線一帯が大きくにぎわいます。

▶【まるでラプンツェルの世界!?「年に一度の台湾ランタン祭り」で最高の旅の思い出を!】はこちら

平渓線の注目スポット

平渓線沿いの趣ある街や村を立ち寄りながらローカルな旅を楽しむのはいかがでしょう。ここでは平渓線沿いの注目スポットをご紹介いたします。

十分(シーフェン)駅 

平渓線沿線で一番のにぎわいを見せる十分。駅の周辺には、屋台やお土産屋が軒を連ね、素朴なグルメスポットが点在しています。

十分の名物は、線路上でランタン上げの体験ができること。十分老街の真ん中をすれすれに列車が走り抜けると、線路の上では、空へ向かって願いごとを書いたランタンを飛ばす多くの観光客たちでにぎわいます。

▶【台湾十分で空へ舞い上がるランタン上げ体験を!街歩き&名物グルメ情報】はこちら

十分瀑布

十分瀑布は、幅40m、高さ20mの台湾最大の滝であることから、台湾のナイアガラと親しまれています。

とくに、水量の多い時期に間近で見ると迫力満点!十分駅から歩いて約20分のところにあるので、十分へ訪れた際はぜひ足をのばしてみてはいかがでしょう。自然あふれる中でマイナスイオンをたっぷり浴びれば、気分もリフレッシュできますね。

▶【台湾のナイアガラ!?迫力満点!十分瀑布の魅力を紹介】はこちら

猴硐(ホウトン)駅

猫村として人気急上昇中のこちらの街は、アメリカのテレビ局CNNの「世界6大猫スポット」にも選ばれたことで、世界的にも注目されるスポットです。

集落を歩けば、あちこちで猫と遭遇!愛猫家にはたまらないエリアです。また、猫をテーマにしたカフェや猫グッズを扱うショップ、猫型のパイナップルケーキのお店など、街全体が猫一色なのも見どころ。カメラを手に散策が楽しいスポットです。

▶【台湾の猫村こと「猴硐(ホウトン)」が話題!猫だらけの癒やしスポット】はこちら

平渓(ピンシー)駅

平渓駅も十分と同じく、駅のまわりにはランタン上げの体験ができるお店でにぎわっています。

駅から続くゆるい坂道を下っていくと、日本統治時代の趣ある木造家屋が並び、街歩きが楽しめるのも魅力。ちなみに郵便局前にある鉄製のポストは、日本統治時代から使われているもので、台湾で一番古いポストなんだとか。

菁桐(チントン)駅

菁桐駅は、平渓線の終点駅で、日本統治時代に炭鉱の町として栄えたスポットです。白い木造の駅舎は、台湾にある4つの日本式木造家屋のうちの一つだといわれており、昭和の香りが漂うレトロな雰囲気が人気。結婚写真の撮影スポットとしてもよく使われるのだそう。

また、線路沿いには、願いごとが書かれた竹筒が鈴なりに吊るされています。

瑞芳(ルイファン)駅

瑞芳駅は、九份観光と平渓線観光の玄関口となる駅のため、九份方面のバスやタクシーに乗り換えをする人や、平渓線に乗り換える人でにぎわうスポットですが、じつはB級グルメを味わえる屋台が多いことでも知られています。

駅前のロータリー周辺や駅近くの美食街には、食べ歩きができる小吃屋台が立ち並んでいるので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

▶【「千と千尋の神隠し」の舞台で知られる台湾九份の見どころとは?名物グルメもご紹介】はこちら

平渓線途中下車1日コースおすすめモデルプラン

ここでは平渓線の魅力あるスポットへ途中下車をしながら、1日たっぷり満喫できるプランをご紹介いたします。

なお、平渓線は、上下線ともに1時間に1本だけの列車なので時刻表は出発前に要チェック。台北駅を朝早く出発すれば、九份での夕日鑑賞も間に合うかもしれません!ぜひこちらのプランを参考にしてみてくださいね。

台北出発

台北駅から、台鐡 TRA(台湾鉄道)の東部幹線利用し、瑞芳駅へ。

  • 台北駅→瑞芳駅(台湾鉄道:約50分)

瑞芳(ルイファン)駅で平渓線に乗り換え

瑞芳駅のホームで販売されている平渓線沿線の駅を何回でも乗り降りができる1日周遊券(80元)をゲット。なお、平渓線の一日周遊券は台北でも購入は可能です。事前に購入しておくと、乗り換えがスムーズにできるのでおすすめですよ。

  • 瑞芳駅→猴硐駅(平渓線:約5分)

猫村、猴硐(ホウトン)駅へ

100匹以上の猫が住むという猫村へ。電車を降りるとすぐに、猫が出迎えてくれるので、猫好きのテンションが一気に上がること間違いありませんね♪

  • 猴硐駅→十分駅(平渓線:約20分)

ランタン上げ体験、十分(シーフェン)駅へ

十分名物、ランタン上げ体験に挑戦。願いごとを大きく筆で書いてランタンを空へ飛ばしてみましょう。時間があれば、つり橋や十分瀑布へ足をのばしてみるのもおすすめ。

▶【幻想的な光景に感動する人続出!?台湾観光名物の台湾十分ランタンについて解説!】はこちら

  • 十分駅→菁桐駅(平渓線:約30分)

終点、菁桐(チントン)駅へ

平渓線終点の菁桐駅へ。十分駅よりもかなりレトロな雰囲気が見もの。すぐ近くにある炭鉱施設の敷地には、見晴らしのいいカフェがあるので、しばしの休憩にもってこいですね。

  • 菁桐駅→瑞芳駅(平渓線:約60分)

瑞芳駅から九份へ

台湾人気観光スポット九份へ行かれる場合は、九份行きのバスもしくは、タクシーに乗り換えて九份へ

  • 瑞芳駅→九份(タクシー:約15分)

台北に戻られる場合は、瑞芳駅で台鐡 TRA(台湾鉄道)の東部幹線へ乗り換えましょう。

九份で夕日鑑賞

赤い提灯がゆらめく幻想的な光の街、九份でまるで映画のようなノスタルジックな雰囲気をお楽しみください。

平渓線のまとめ

今回は台湾で人気のローカル鉄道、平渓線に乗っておすすめスポットをめぐる1日観光プランをご紹介いたしました。

平渓線は、ランタン上げ体験で有名な十分だけでなく、ちょっと足をのばせばまだまだ知らない魅惑的なスポットがたくさん。平渓線一日周遊券を使って、台湾のローカルな風情をたっぷり味わいながら旅をしてみてはいかがですか。

RECOMMEND おすすめの記事