台湾現地ハウツー

台湾バスを利用して人気の観光スポットを巡ろう!路線バスの利用方法を詳しく解説します

台湾旅行の際の移動といえばMRT電車、タクシーを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、MRTや鉄道が運行していない場所では路線バスはとても便利なんです。思った以上に使い勝手の良い路線バスを利用しない手はありません!こちらの記事では、台北の路線バスの利用方法を詳しくご紹介します。

観光に便利な台湾の路線バス

うまく利用できれば、思った以上に近道ができたり人気の観光スポットまで足を伸ばせたりと、実はとっても便利な台湾の路線バス。車内からは街並みを眺めることもできるので、地元の雰囲気をより感じながら旅をしたい人にはおすすめです。特に、台北市内のバスは路線も充実していて、ほとんどの観光スポットを訪れることができるでしょう。ディープな台湾に出会い、旅の面白さを肌で感じることができるのが路線バスの魅力です。

路線バスの利用方法は?

ここでは、台北市内の路線バスの利用方法について詳しく解説します。

台北の路線バス基本情報

台北市内を運行している路線バスは、基本的に1~3ケタの路線番号を持っています(4ケタの番号は長距離バス・高速バスとなります)。ただし中には例外もあり、「紅」「藍」「緑」など色が路線番号の前についているものは「MRT連絡バス」で、出発点もしくは終点が同色のMRTの駅となっています。

また、主要幹線道路を運行するバスは「幹線公車(台北メトロバス)」と呼ばれ、本数が多いことに加え、ICカードを利用する際には乗り換えの割引サービスも受けられるのでおすすめですよ。

路線図を確認しよう

バス停には必ず路線図が表示してあるので、まずは路線図を確認しましょう。矢印のシールが貼ってあるのが現在地となり、矢印の方向はバスの運行方向となります。目的地のバス停が矢印の方向にあるのかをチェックし、もし逆方向であれば道路の反対側にあるバス停から乗車します。

バスの乗車方法は?

台北にはさまざまなバス会社のバスが運行していますが、基本的にどのバスも乗車方法は同じです。日本と同様、バス停でバスの到着を待ちますが、一部のバス停には電光掲示板が設置され、後どれくらいでバスが到着するのかがわかるようになっているところもあります。

バスが到着したら、手を上げて乗車する旨をドライバーに伝えましょう。日本ではバス停に人が立っているとバスが止まってくれますが、台湾では手を上げないとそのまま走り去ってしまうので注意が必要です。

バスは前扉、中扉、後扉のどこから乗車してもOK!乗車したらすぐに、扉の近くにある運賃支払い方法を確認しましょう。「上車收費」と表示してあったら、ドライバーの近くにある運賃箱へ運賃を入れるか、ICカードをカードリーダーにタッチして先に運賃を支払います。「下車收費」とあった場合は、下車する際の支払いで大丈夫です。バスの車内には基本的に両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておくことをお忘れなく

バスの降車方法は?

バスの車内では、電光掲示板と車内放送で次のバス停の案内が行われます。車内放送は中国語の他に英語でも行われ、一部の路線では台湾語や客家語の放送もあります。慣れないうちは次がどこのバス停かを理解することは難しいため、なるべくスマホなどを利用して地図アプリで現在位置を確認しておくと安心です。降車の際は日本と同じように、「下車鈴」のボタンを押してドライバーに知らせましょう。

日本のバスでは降車の際、バスが完全に止まってから席を立つように注意されますが、台湾ではバスが止まる前に降車扉に近づいておくことが必要です。停車してからすぐに人が降りないと、誰も降りる人がいないと思って扉を閉めてしまうドライバーも……。下車收費の場合は、降車の際に運賃を支払いましょう。中には運行途中で運賃の支払い方法が変わるケースもあるので注意が必要です。

気になる台湾のバス料金は?

台湾の路線バスはゾーン制(段票制)になっていて、指定のゾーンを越えるごとに運賃が上がる仕組みとなっています。「一段票収費」と表示されていれば、全区間均一運賃となるわけです。一方、「二段票」「三段票」とある場合は、路線図に記載してある「分段點」表示のバス停を越えると運賃が倍になります。

ただし、この場合分段點付近のバス停から乗車すると二段分の運賃がかかってしまい不公平だと思いませんか?そこでほとんどの路線では「分段緩衝區(バッファゾーン)」が採用されていて、緩衝區内の運賃であれば一段目と二段目のどちらに含めても良いとされているのでご安心ください!

台北市の路線バスの初乗り運賃は大人15元(約18円)と、MRTに比べても安いのが特徴。また、交通系のICカードを利用すれば、路線バスとMRTの乗り継ぎが1時間以内の場合、8元引きになるというお得なサービスもあるんです。路線バスを賢く使って、お得に旅をしてみませんか?

▶【台湾の「悠遊カード(EasyCard)」情報まとめ!買い方・チャージ方法など】はこちら

台湾でバス利用の際の注意点

台湾でバスに乗車する場合、日本とは異なる習慣も見られます。どんな点に注意すればいいのでしょうか?

違反すると罰金!?

台湾の路線バスではシートベルトの着用が義務付けられています違反すると1500元以上の罰金が課せられるので注意しましょう。安全の観点からも、シートベルトの着用はしておいたほうがよさそうです。また、バスの車内では飲食禁止となっています。ペットボトルの水を飲んだり、ガムを噛んだりすることも禁止されていて、こちらも見つかると罰金が課せられます。海外からの旅行者も対象となるので気をつけましょう。

優先席では席を譲ろう

車内には「博愛座」と表示されたシートがありますが、こちらは日本でいう「シルバーシート」のこと。高齢者や妊婦、身体障害者などの人たちの優先席となっています。目上の人を敬う習慣が根強く残っている台湾では、若い人が高齢の方に席をゆずるのは当たり前とされているので、席に座る際にはきちんと確認しましょう。

乗車の際には後方をよく確認!

台北市内にはバス専用のレーンが増えてきましたが、それ以外の道路ではバスと歩道の間を割り込んで走っているスクーターを見かけることもあります。特に、路上駐車が多い道路では、乗車の際にバスの後方をよく確認しておきましょう

便利なアプリ「台北等公車(BusTracker Taipei)」とは?

路線バスの利用が難しいと感じる理由の一つに、乗車地点や降車地点、所要時間がわかりにくい点が挙げられます。最寄りのバス停は、スマホのGoogleマップを利用すると簡単に探すことができます。最寄りのバス停が見つかったら、ぜひとも活用したいのが「台北等公車(BusTracker Taipei)」のアプリです。

使い方は簡単!アプリを起動して「路線搜尋」をタップし、Googleマップで調べたバスの路線番号を入力しましょう。すると、該当する路線バスのバス情報が瞬時に表示され、後何分後に最寄りのバス停にバスが到着するか、目的のバス停には何分後に到着するかがわかる仕組みとなっています。

アプリをうまく活用できると、バスを乗り継いだ場合にも無駄なく時間を有効活用することができますね!

台湾バスまとめ

台北ではMRTでの移動も便利ですが、台中や高雄などの都市では路線バスが主な移動手段となります。特に、台中では移動距離10kmまでは、交通系のICカード「悠遊カード(Easy Card))」を利用するとなんとバス運賃が無料になるんです!乗り方がわかりにくと敬遠されがちな路線バスも、慣れてしまえば本当に便利。台湾旅行の際にはぜひ路線バスを駆使して、便利に観光スポットをめぐってみてはいかがですか。

▶【台湾の地下鉄・MRTの乗り方・料金・悠遊カード情報まとめ!】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事