台湾現地ハウツー

台湾でチップは必要?ホテルやタクシーで払うべき?マナーをチェック!

台湾を旅行する際、チップに関するマナーは気になりますよね。「台湾でチップは必要?」「ホテルやタクシー、レストラン利用時にチップを渡す場合、相場渡し方は?」などの気になる疑問に答えました。またチップに関するマナー以外にも、台湾で気をつけたいマナーもあわせてご紹介します。

台湾でチップは必要?チップにまつわるマナー

海外旅行の際、チップの文化の有無は気になりますよね。台湾では、チップを支払う必要はあるのでしょうか。

結論から言うと、台湾は基本、日本と同じようにチップの文化はありません

ただし、高級店では料金にサービス料が「服務費」という名目で含まれていることがあります。すべての高級店でそういったシステムが導入されているわけではなく、スタッフがきちんとした指導を受けてサービスの品質が高い場合に、サービス料が付加されているようです。

サービス料があってもなくても、丁寧な接客をしてもらったり、自分のわがままを叶えてもらったりした場合には、チップを渡すとよいでしょう。チップがなくとも、北京語や台湾語、客家語など現地の言葉でお礼を伝えると喜んでもらえます。

▶【台湾旅行で日本円から台湾元にするお得な両替場所とは?】はこちら

台湾でのチップの渡し方&相場

実際にチップを渡すなら、どんな場面で、どのくらいの金額が妥当なのでしょうか。

ホテルでの渡し方&相場

ホテルでチップを渡す場合は、ボーイに重たい荷物を運んでもらった場合や、ベッドメイキングをしてもらった場合に支払うとよいでしょう。義務ではないので個人の感覚によりますが、感謝の気持ちとして50~100元渡すことが多いです。

ホテルによっては、ボーイから請求されることもあるようです。部屋を散らかしたままチェックアウトする場合は、枕元に50元程度置いておくとよいでしょう。

タクシーでの渡し方&相場

タクシーでは、荷物が多くてトランクを使用した場合にチップを渡すとよいです。そうでなくても、運転手によっては「おつりの小銭がない」と言い、おつりをチップとしてもらおうとする人がいます。サービスが悪いのにそういった対応をされると嫌だという場合は、小銭をきちんと用意してタクシーに乗りましょう。

おつりがないと言ってくる運転手はちょくちょくいるようなので、チップのつもりで「おつりはいらない」と伝えても良いかもしれません。

▶【台湾のタクシーは安い?気になる料金、トラブルを防ぐために知っておきたい情報まとめ】はこちら

レストランでの渡し方&相場

レストランでは、現地人でもおつりをチップとして支払うことがあります。レストランではおつりはきちんと返してもらえますが、それをさらっとトレイに置いてチップとするそうです。

カード払いでチップを渡すことはあまりないようですが、ローカルな店ではクレジットカードが使えなかったり、2~5%の手数料を請求されたりします。

また、サービス料が付加されるレストランでは「最低消費額」(ミニマムチャージ)が設定されていることがあります。「1人この金額分は注文してください」ということで、日本の居酒屋でも「1人3品注文してください」ということがあるのでわかると思います。

台湾でおさえておきたい、その他のマナー

チップの渡し方をご紹介しましたが、その他にも日本とは違う台湾のマナーはあるのでしょうか。

地下鉄・電車・バス乗車時

台湾での公共交通機関のルールは、日本より厳しいので注意が必要です。MRTやバスの車内、構内で喫煙や飲食をすると1500元以上7500元以下の罰金を科せられます。もちろん水を飲むのもNGで、薬を飲む場合を除いて違反となります。

外国人でもきっちり罰金を取られますし、台湾の人はしっかり誰に対しても注意するので、ペットボトルを持っていているだけでも怒られてしまいます。

また、日本と同じように「博愛座」と書かれた優先席があるので、高齢者や妊娠している方以外は座らないようにしましょう。

喫煙

台湾は禁煙先進国です。基本的に、公共の場は全面的に禁煙となっており、電子たばこ(加熱式たばこ)の持ち込みも禁止です。これに違反すると罰金1万元が科せられます。決められた喫煙所で喫煙しましょう。

現地の人はよく路上喫煙していますが、日本と同じようにたばこのポイ捨ては罰金の対象となります。

温泉

温泉は日本とは違い、水着着用での入浴が一般的です。家族や友人と入浴して楽しむレジャー施設の要素が強く、みな同じ浴槽に入浴するので当然水着着用となります。

日本統治時代からの共同浴場や日本式の入浴法の温泉では、裸で入浴します。台湾では水着着用で入浴する温泉と裸で入浴する温泉が混在しているので、旅行者には見分けるのが難しいです。

そのため、温泉に行く際には水着を必ず持っていって、周囲の客がどのように入浴しているか観察するとよいでしょう。特に髪の長い方は、どちらの場合でも水泳帽やシャワーキャップの着用が求められるので一緒に持参します。

掛け湯をして入浴したら、むやみに動かないというのも暗黙のマナーです。日本ではお湯で顔を洗ったり、腕をお湯でなでたりしますが、台湾ではマナー違反になります。それが許容される温泉もあるので、判断が難しいところです。

台湾のチップ・マナー情報まとめ

台湾には基本、チップ文化はありませんが、とはいえ支払ったほうがよい場面もあります。判断の難しいルールやマナーについては、現地の人がどのように行動しているか観察して、同じようにするとよいでしょう。

▶【「千と千尋の神隠し」の舞台で知られる台湾九份の見どころとは?名物グルメもご紹介】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事