台湾現地ハウツー

台湾のタクシーは安い?気になる料金、トラブルを防ぐために知っておきたい情報まとめ

台湾のタクシーはリーズナブルだと言われていますが、日本と比べてどれくらい安いのでしょうか。今回は、気になる台湾タクシーの値段や、利用方法、注意するべき情報をお伝えしますので、台湾・台北旅行にタクシーを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

台湾タクシーの料金は日本より安い?

台湾のタクシーは、黄色い車体に「計程車(中国読み:ジーチョンツァー)」の表示板が屋根の上にあるので、街中でもひときわ目立つ乗り物です。ここでは、台湾タクシーの料金や支払い方法を確認してみましょう。

台湾タクシーの料金は? 

台湾のタクシーは、日本に比べて料金が安いためちょっとした距離でも気軽に利用ができるのがメリット。 

運賃はメーター制で1.25㎞(初乗り)までは70。それ以降、200mごとに5元が加算されていきます。(時速5㎞以下では120秒ごとに5元が加算) 

トランクに荷物を入れると追加で10元が加算されることもありますが、運転手さんによっては追加料金を取らない場合もあります。

深夜料金については、2300~翌600が夜間料金となり、20元が割増料金に。また、旧正月の期間も20元程度料金が加算されます。

また、「九份」など有名な観光地は事前にタクシー料金が決められているところもあります。

支払い方法は?

台湾でのタクシーの支払い方法は、基本的に現金のみとなります。一部、クレジットカードが利用できるタクシーもありますが、ほとんどのタクシーではカード払いができないと思っておくのが無難です。もしカード払いが希望であれば、タクシーを予約される場合にクレジットカードの利用ができるか確認してみましょう。

現金で支払った場合に、運転手さんによってはお釣り用の紙幣を用意していないこともあるため、タクシーを利用する際はなるべく100元札などの小額紙幣や小銭を用意しておくといいですよ。

▶【台湾旅行で日本円から台湾元にするお得な両替場所とは?】はこちら

チップの支払いは必要?

台湾のタクシーでは、チップを渡す習慣がないため、チップは支払わなくても大丈夫です。タクシーを降りられる際に「謝謝(シエシエ)」とひと言運転手さんへ伝えれば、お互いに気分よくいられますね。

▶【台湾でチップは必要?ホテルやタクシーで払うべき?マナーをチェック!】はこちら

タクシーで空港から台北市内へ

台湾桃園国際空港は、台北からおよそ40㎞にある国際空港です。台北市中心部までのアクセスは、地下鉄(MRT)やリムジンバス、市バス、鉄道といろいろありますが、荷物が多く慣れない海外では便利なタクシーを使いたいですよね。

桃園国際空港から台北市内までタクシーを利用する場合

  • 所要時間:約50分間
  • 料金(協定料金):1,1001,500

上記はだいたいの目安となります。

なかには、客引きをしているタクシーもいますが、目的地ではない場所へ連れて行かれてしまうなどのトラブルも起こりかねません。タクシーを利用される際は、空港の到着ロビーを出たところにあるエアポートタクシーをご利用ください。

チャーター観光の場合

台湾のタクシーは料金が安いため、チャーター(貸切)をして、市内巡りをしたり、郊外の観光スポットへ訪れたりしても日本のように高額になることはありません。

とくに、34人のグループでタクシーをシェアする場合は、地下鉄MRTやバスよりも移動時間が早く快適で、さらに割安になる場合も!

参考までに、チャーターした場合の料金をみてみましょう。

  • 1時間チャーターした場合:500元(約1,750円)
  • 7時間チャーターした場合:3,0004,000元程度(約10,00015,000円程度)

このように、タクシーをチャーターして観光地を巡るのも一つの方法です。ただし、トラブルを防ぐために、必ず事前に運転手さんと交渉し、決定した金額を紙に書いてもらってくださいね。

台湾のタクシー事情

ここでは台湾でタクシーを利用する際、日本と違うマナーや注意事項を確認していきましょう。 

タクシーの乗り方

台湾では流しのタクシーも多く、乗りたい時は手を上げて停めましょう。ドアは自分で開けます。また、全席シートベルトの着用が義務付けられているため、違反すると罰金に。後部座席も必ずシートベルトをしましょう。 

降りる時は、タクシーと歩道のあいだを無理やり走り抜けようとするバイクもいるので、後ろからバイクが来ていないか確認をしてから自分でドアを開きましょう。

車内で確認すること

運転手さんのほとんどが日本語や英語が通じないため、事前にGoogleマップなどでルートを確認し、地図で行き先を指すか、もしくは住所を漢字で大きく紙に書いて渡すと間違いなく伝えられます。(目的地が有名な観光スポットやホテルなら中国語の名称でOK

発車したらメーターが動いているか確認をし、もしメーターが動いていなかったら、メーターが動いていないことを運転手さんに伝えましょう。 

深夜に女性一人でタクシーに乗らないように

台湾は安全な国ではあるのですが、事情を知らない旅行者は狙われやすいことも。女性はもちろん、男性でも深夜に一人でタクシーに乗るのは危険です。もし、どうしても乗らなければならない場合は、ホテルや警察、利用したレストランなどで手配をしてもらいましょう。

やむを得ず深夜に流しのタクシーを利用する場合は、「台湾大車隊」や「大愛計程車」といった台北の大手のタクシー会社を選ぶといいですよ。

車体の様子をみる

台湾のタクシーは黄色で統一されているので、それ以外のタクシーは乗らないようにしましょう。

また、台湾のタクシーは運転手自身が車を所有しているため、汚かったり、傷だらけだったりするタクシーは、運転手さんの性格が車に現れていることも。なるべく車体がきれいなタクシーを選びましょう。

もしトラブルがあったら?

万が一、危険な運転やわざと遠回りをするようなトラブルに遭遇したら、その場で口論はせず運転手の名前と車両ナンバーをメモし、料金を払って降りてから警察署へ届け出ましょう。

台湾タクシーまとめ 

台湾のタクシーは、日本よりもリーズナブルで手軽に利用ができるのがうれしいですね。上手く利用すれば、行きたかったところへも行きやすくなり、旅を楽しむ1つの手としてタクシーに乗ってしまうのもありかもしれませんね。

 ▶【台湾の地下鉄・MRTの乗り方・料金・悠遊カード情報まとめ!】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事