台湾現地ハウツー

台湾の新幹線・台湾高速鉄道(台湾高鉄)を活用!乗り方・乗り放題パス情報まとめ

台湾の「台湾高速鉄道台湾)」は、日本の新幹線のような高速鉄道です。台北から台湾第二の都市・高雄までを2時間弱で移動できるという、便利な存在です。そんな台湾高速鉄道の乗り方(料金・予約方法)や、通常より割引価格設定な乗り放題パス情報過去に起きた事故の情報をまとめてお届けします

台湾の新幹線「台湾高速鉄道(通称・台湾鋼鉄」とは

台湾高速鉄道(台湾高鉄)とは、2007年に開業した台湾の北と南をつなぐ高速鉄道のこと。台北から台湾第二の都市・高雄までの約345kmを、わずか2時間弱で移動できます。

台湾高速鉄道の駅は全部で12駅あり、主要な観光地にも止まります。台湾旅行においては重要な移動手段となること間違いなしです!

実は、日本の新幹線と同じシステムを採用しており、新幹線の技術を輸出した初めての事例が、この台湾高速鉄道なのです。

台湾高速鉄道の乗り方!料金や予約方法

台湾高速鉄道に乗るためには、どこで、どのように切符を買えばいいのでしょうか。主要な観光地への料金と、切符の予約方法を合わせてご紹介します。

台湾高速鉄道の料金

台湾高速鉄道には、「自由席」「指定席」「ビジネス」の3種類の席があります。新幹線と似ていますね。台北から主要な観光地への片道料金は以下の通りです(単位:台湾ドル)。1台湾ドル=3.5円程度ですので、ご参考までに(2019年1月時点)。

区間 自由席 指定席 ビジネス
台北〜台中 675 700 1,125
台北〜左營 1,445 1,490 2,195

台湾高速鉄道の予約方法

台湾高速鉄道の切符の購入には、「窓口」「自動券売機」「インターネット予約」「コンビニ」の4種類の方法があります。すでに台湾高速鉄道に乗る日時が決まっているのであれば、売り切れる心配のない事前購入がおすすめです。

今回は、日本からでも事前購入可能な「インターネット予約」の方法を詳しくご紹介します。

<台湾高速鉄道のインターネット予約方法>

台湾高速鉄道の切符は、28日先まで予約可能です。「台湾高速鉄道日本語ページ」から行えます。すべて日本語ですので、ガイダンスに沿って予約を進めてください。

パスポート番号の入力が必要となり、支払いはクレジットカードとなります。予約が完了したら、乗車前に台湾高速鉄道窓口で予約番号とパスポートを提示すると、チケットに引き換えてもらえますよ。

台湾高速鉄道のお得情報!乗り放題パスを活用しよう

台湾高速鉄道には、台湾以外のパスポートを所有している外国人のみが購入できる、3日間乗り放題パスがあることをご存知ですか? そんなお得な乗り放題パスの購入方法をご紹介します。

乗り放題パスは2種類!

乗り放題パスは2種類あり、ご自身の旅行プランに合う方を選べます。

  • 3日間連続乗り放題パス(2,200台湾ドル)
  • 7日間以内のお好きな2日間乗り放題パス(2,500台湾ドル)

ちなみに、窓口で台湾高速鉄道のチケットを購入すると、台北〜左營の往復自由席で2,890台湾ドルかかります。乗り放題パスがいかにお得かがわかりますよね!

乗り放題パスは旅行会社から購入しよう! 

乗り放題パスは、台湾高速鉄道の窓口から直接購入することはできません!乗り放題パスを取り扱っている旅行会社から、事前に購入しておく必要があります。また、乗車当日の購入はできないのでご注意くださいね。

「KKdayページ」から、乗り放題パスを購入することができます。購入すると、メールで購入確認証明(バウチャー)が送られてきます。これを台湾高速鉄道の窓口でパスポートと一緒に提示すると、乗り放題パスと交換してもらえます。

台湾高速鉄道は過去に脱線事故も

台湾旅行には欠かせない台湾高速鉄道ですが、2016年から2018年、2年間に7回もの脱線事故を起こしています。事故の原因は人為的なものであったり、設備的なものであったりとさまざまですが、現在も安全性の確認や経営体質の見直しが進められています。

脱線事故と聞くと不安な面もありますが、便利な存在には間違いありません。各自、納得した上で、台湾高速鉄道を利用してみてはいかがでしょうか。

台湾の新幹線「台湾高速鉄道」情報まとめ

台湾高速鉄道を利用すれば、移動が楽になることはもちろん、台北を拠点としてさまざまな場所への日帰りも可能になります!その際はぜひ、お得な乗り放題パスを事前購入しておきましょう。
台湾高速鉄道をうまく利用して、さらに台湾旅行を楽しみましょう!

RECOMMEND おすすめの記事