台湾出発前ハウツー

台湾の旅行の持ち物リスト完全版!必需品からあると便利なものまで

台湾旅行の持ち物を、必需品から、あると便利なものまで網羅してリスト化!とくに女性が必要なものも厳選しました。また、荷物の機内持ち込み手荷物預け荷物についてなど、海外旅行に行く際の持ち物について知っておくべきルールもあわせてご紹介します。

台湾旅行の持ち物リスト:必需品編

台湾旅行で必須となる持ち物をご紹介します。これらは忘れないように、きちんと前もって準備しておきましょう。

  • パスポート

海外旅行の際に、いちばん忘れてはいけないのがパスポートです。飛行機に乗る時はもちろんのこと、ホテルや免税店でのショッピングでも必要となります。

  • 航空券

こちらも忘れてはいけません。航空券はパスポートとセットで管理しておくのがおすすめです。最近では、紙ではなく便利な電子データ「eチケット」も、各航空会社で発行しています。紛失の心配がある方は、こちらを利用するのも良いでしょう。

  • お金・クレジットカード

日本円から台湾ドルへの両替は、台湾で行ったほうがお得な場合が多いです。クレジットカードについては、台湾では使用できないところが多いです。ただし、海外旅行保険が付帯している場合もあるので、念のため、クレジットカードも持って行った方が良いでしょう。

▶【台湾旅行で日本円から台湾元にするお得な両替場所とは?】はこちら

  • スマホ(スマートフォン)

スマホは、日本でも持ち物として欠かすことができない存在です。台湾旅行でも、忘れずに持って行くようにしましょう。

  • 衣類

衣類は、台湾でも購入できますが、着替えは数枚持って行くと安心でしょう。スペースをとる衣類は、圧縮袋に入れるとかさばりませんよ。

いつもは薬を飲まないという方でも、旅行では何が起こるか分からないので、持って行くことをおすすめします。台湾にはおいしい物がたくさんあります。ついつい食べ過ぎてしまったときでも、胃薬があれば安心ですよ。また、乗り物酔いが不安という方は、酔い止め薬も一緒に持って行きましょう。

  • 悠遊カード

悠遊カードは、台湾で使える交通系ICカード。現地の地下鉄やバスなどの公共交通機関だけでなく、ロープウェイやフェリーなどで利用できます。

さらに悠遊カードを使えば、台北の地下鉄は運賃が2割引きになるという嬉しいサービスも。台湾での移動手段は、地下鉄がメインなので、悠遊カードはおすすめです。また、コンビニやスーパーなどで電子マネーとしても使用可能です。

▶【台湾の「悠遊カード(EasyCard)」情報まとめ!買い方・チャージ方法など】はこちら

台湾旅行の持ち物リスト:あると便利なもの編

必需品ではないですが、これがあると便利という持ち物です。これら以外にも、旅行でいつも持って行っているという物があれば、あわせて準備しておきましょう。

  • モバイルバッテリー

外出先でスマホやWi-Fiルーターの充電がなくなったとき、モバイルバッテリーがあると安心です。持っていくときは、フル充電にしておきましょう。

  • Wi-Fiルーター

いろんな情報や移動方法などを調べるのに、インターネットはとても便利です。Wi-Fiルーターがあれば、いつでもどこでもインターネットを利用できます。

レンタルのWi-Fiルーターを利用する場合は、数人で共有も可能。参加者みんなでレンタル料を割り勘して借りるのもおすすめです(共有可能な人数は事前にご確認ください)。

▶【気になる台湾Wi-Fi事情!無料Wi-FiとWi-Fiルーターのレンタルはどちらが便利?】はこちら

  • 変圧器

台湾のコンセントの形状は日本と同じです。ただし、電圧が日本は100Vで、台湾は110Vと異なります持っていきたい電化製品のラベルを見て、100〜240Vの記載があれば、変圧器は必要ありません。とはいえ、念のため持っていくと安心ですね。

  • ティッシュ・ウエットティッシュ

夜市で食べ歩きをするときなど、ポケットティッシュやウエットティッシュがあれば便利ですよ。また、台湾のトイレはトイレットペーパーがないところもあるので、やはりポケットティッシュは必携です。ちなみに、トイレットペーパーを水に流さず、備え付けの大きなゴミ箱に捨てるタイプのトイレもあるので注意しましょう。

  • ガイドブック

旅行をより効率よく、充実したものにするために役立つのがこちら。持ち歩くのに邪魔にならない小さめサイズで、最新の情報が載っているガイドブックがおすすめです。

  • カメラ

旅行の思い出を写真に残したいという方は、カメラを忘れずに。台湾には撮影スポットがたくさんあります!いつでもすぐにシャッターが押せるようにストラップを付けたり、首からぶら下げるタイプのケースに入れたりしておくと便利です。

  • 折りたたみ傘

台湾南部の高雄エリアは、夏は熱帯地域特有のスコールや、台風の発生率が高くなります。しかしあまりにも強い雨の場合は、傘を差して外出するよりも、通り過ぎるまで室内で待機するようにしたほうがいいでしょう。

台湾旅行の持ち物リスト:女性向け編

台湾は女子旅にも大人気のスポット。女性向けの持ち物リストをまとめました。

  • 化粧品

普段から使っている化粧品はもちろん、化粧水や乳液などのケア用品もお忘れなく。

  • 羽織もの

特に女性が気をつけておきたいのが、夏場の冷房対策です。台湾の冷房は、日本の感覚に比べるとかなり強め。そのため、室内と屋外の温度差で体調を崩さないように、上に羽織る物を持参しておきましょう。

  • 日焼け止めクリーム

夏場に台湾を訪れる場合は、日焼け止めクリームもしっかりと塗っておきましょう。日本やその他の海外でも同様で、屋外にいる時間が長い場合は、紫外線対策が必要です。

  • サングラス

日焼け止めクリームと合わせて持っていきたいのがこちら。晴れた日の台湾の紫外線は強いので、サングラスで目を保護しましょう。

台湾旅行のルール:手荷物と預け荷物の分け方

旅行の際の荷物で悩むのが、手荷物と預け荷物の分け方ですよね。手荷物は、機内で使いたい物をまとめておくのが良いでしょう。例えば、ハンドタオルやティッシュ、音楽プレイヤーなど。

反対に、機内では使用することがないものは、預け荷物としてまとめておきましょう。その際、台湾に限られた話ではないですが、機内へ持ち込める荷物の重さやサイズは決まっています

そこで、近年大人気のLCC(ローコストキャリア)の手荷物の条件をまとめてみました。

航空会社 個数 重さ サイズ
ジェットスター 2個まで 合計7kgまで 高さ56cm×幅36cm×奥行23cm以内
ピーチアビエーション 2個まで 合計10kgまで 各辺が50×40×25かつ、3辺の合計が115cm以内
バニラエア 2個まで 合計7kgまで 各辺が55×40×25かつ、3辺の合計が115cm以内

台湾旅行の持ち物情報まとめ

台湾旅行で、必要なものやあると便利なものをご紹介しました。何事も、備えあれば憂いなしです。忘れ物がないようにチェックリストを作って、しっかりと準備をしておきましょう。過不足のない持ち物で、台湾滞在を快適にお過ごしください。

RECOMMEND おすすめの記事