台湾出発前ハウツー

気になる台湾Wi-Fi事情!無料Wi-FiとWi-Fiルーターのレンタルはどちらが便利?

海外旅行では欠かせないインターネットアクセス。観光情報を調べたり、日本にいる家族に連絡したりする際などに必要ですね。そこでこちらの記事では、気になる台湾のWi-Fi事情についてご紹介します。無料Wi-Fiのスポットは充実しているのか、Wi-Fiルーターのレンタル方法などについても詳しく見ていきましょう。

台湾で無料Wi-Fiが使える場所は多いの?

実は、台湾は日本と比べると、全国的にインターネット接続環境が整っている国なんです。特に、台北市内には各所に無料Wi-Fiが利用できるスポットが多く、観光で訪れた人でもネット環境に困ることはないでしょう。Wi-Fiに接続できれば、携帯のテザリングが使えなくなったときでも安心ですね。

桃園国際空港や松山空港などでは、空港内で利用できる無料の「Airport Free Wi-Fi」があります。こちらはアカウントの登録なしでも使用できるんですよ!ただし、空港内は大変混み合っているため、通信速度が遅い時間帯もあります。また、宿泊先のホテルによっては、独自の無料Wi-Fiがあるところもあるので、予約やチェックインの際に確認しておきましょう。

台北観光に欠かせない「Taipei Free」

台北観光にとても便利なのが、台北市の政府が提供している無料Wi-Fiサービス「Taipei Free」です。台北市内の至る所で「TPE-Free WiFi」という表示を見かけますが、この表示はTaipei Freeが利用できるスポットというサインです。市内には実に9,000以上ものホットスポットがあり、快適にインターネット接続をすることができます。

Taipei Freeの登録方法は?

Taipei Freeを利用するためには、事前の登録が必要となります。まずは、Taipei Freeの【公式ホームページ(こちら)】から必要事項を記入して登録を完了させましょう。登録完了後、先ほど情報を入力した携帯電話へSMSが届くので、その中に記載してある数字を携帯電話に入力すれば設定完了です。

Taipei Freeが利用できる場所は?

以前は公共施設や市役所、地下鉄の駅などでしか利用できなかったTaipei Freeですが、最近では観光スポットやデパート、主要な夜市、コンビニ、バス内などの幅広い場所で利用が可能です。

外国人旅行者向けのWi-Fiサービス「iTaiwan」

「iTaiwan」とは、台湾政府が提供する無料のWi-Fiサービスです。Taipei Freeが台北市内限定のサービスなのに対して、こちらは台湾全土に5,000カ所以上のホットスポットを持つサービス。澎湖や緑島などの離島にもホットスポットがあるため、台北市以外の観光も計画している人にはとても便利ですね!また、iTaiwanに登録しておくと、Taipei Freeも相互利用できる仕組みとなっています。公式サイトではホットスポットの検索もできます。

iTaiwanの登録方法は?

こちらも、iTaiwanの公式サイト(http://itaiwan.gov.tw/)から事前に日本で登録をしておくことができます。Englishサイトの「Register」画面へ必要事項を入力し、登録を完了させておきましょう。現地に到着したら、空港のツーリストサービスセンター(旅客服務中心)でIDを有効化する必要があります。カウンターでWi-Fi利用したいことを伝えてパスポートを提示すれば完了です。パスポート番号がログインIDに、生年月日がパスワードとなります。

他にも無料Wi-Fiが使える場所はある?

台湾ではコンビニのセブンイレブンやファミリーマート、また主要駅のターミナルなどでよく見かけるコーヒーチェーン店の「Mr.Brown Coffee」などでも無料Wi-Fiが利用できます。コンビニWi-Fiは事前にホームページでの登録が必要ですが、Mr.Brown Coffeeは登録不要で利用することができます。

スターバックスやマクドナルドなどにも無料Wi-Fiサービスはありますが、こちらでの利用には台湾の電話番号が必要となります。SIMカードを購入するなど、台湾の電話番号を持っている人はぜひ利用してみてくださいね。

Wi-Fiルーターをレンタルするには?

台湾では無料Wi-Fiが充実しているので観光に困ることはなさそうです。ただし、旅先でも仕事のメールをチェックしなければならない場合などは、より安定したインターネット環境が必要になるでしょう。そんな人にはやっぱりWi-Fiルーターの使用がおすすめです。出発前にネットでWi-Fiルーターのレンタルを申し込んでおけば、台湾の到着空港で受取ができるのでとても便利です(会社にもよりますが、出発の2日前くらいまでには申し込みが必要)。

また、桃園空港や松山空港などでは、台湾到着後に予約なしでもWi-Fiルーターをレンタルすることができます。返却も空港でOK!ただし、事前にネット予約しておくほうが価格が少しお得になります。

Wi-Fiルーターレンタルと無料Wi-Fiを比較してみた

それぞれに特徴を持つWi-Fiルータと無料Wi-Fiサービスはどちらが便利なのでしょうか?さっそく両者を比較してみました。

Wi-Fiルーターレンタル

メリット

○地元の通信回線を利用するため、快適で安定した通信速度が確保できる
○しっかりとしたセキュリティ管理があるので安心
○家族や友人など複数人で利用することができる

デメリット

レンタルの手続きが面倒
☓ルーターを持ち歩かなければいけない
☓出国日から帰国日までの日数分料金がかかる
☓データの通信制限が設けられている

現地無料Wi-Fi

メリット

○無料で利用できる
○携帯やタブレットなどの端末があれば利用できるので身軽

デメリット

☓混雑時や場所によっては通信速度が遅くなる(繋がらない場合もあり)
☓セキュリティが万全ではないので注意が必要
☓使用の際時間制限があるところもある

台湾Wi-Fiまとめ

台湾には無料Wi-Fiの接続環境が整っているので観光にはとっても便利!行ってみたい観光スポットやレストラン、交通アクセスなどの情報もすぐに検索することができます。無料Wi-FiとWi-Fiルーターレンタルにはそれぞれにメリット・デメリットがあるので、しっかりと検討して快適なインターネットアクセスを!

▶【プリペイドでお得にインターネット環境をゲット!旅行で台湾SIMカードを便利に活用しよう】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事