台湾出発前ハウツー

プリペイドでお得にインターネット環境をゲット!旅行で台湾SIMカードを便利に活用しよう

台湾旅行に行くとき、ネット環境は必要不可欠!観光スポットやレストランなどの情報を収集するのもインターネットが便利で早いですよね。Wi-Fiレンタルを利用するという方法もありますが、台湾のSIMカードを利用するのがコスト的にもおすすめです。こちらの記事では、台湾のSIMカード情報やSIMカードが購入できる場所などについてご紹介します。

SIMカードってなに?

「SIMカード」とは、モバイル端末(スマートフォンやタブレットなど)で音声通話やインターネット接続を行うために必要な小型ICカードのことを指します。SIMカードには電話番号などの情報が記録され、カードから持ち主を特定することもできるのです。SIMカードはサイズによって、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類に分類され、端末に挿入して使用します。

海外旅行先では、日本の通信キャリアのパケット定額制やWi-Fiレンタルなどでもネット環境を確保することはできますが、現地のSIMカードを利用するのがもっともお得なんです!

台湾のSIMカードにはどんな種類がある?

台湾でSIMカードを購入するメリットは他にもあります。現地のSIMカードを購入すると、台湾で有効な電話番号を手に入れることができるんです。そのため、旅先でさまざまなサービスに会員登録し特典を得ることも可能です。

台湾に到着したらプリペイド式のSIMカードを購入することになりますが、中華電信(Chunghwa Telecom)、台湾大哥大(Taiwan Mobile)、遠傳電信(FarEasTone)、台灣之星(T STAR)、亞太電信(Asia Pacific Telecom)のものを多く見かけます。

それぞれの会社によって特徴が異なりますが、中でも「中華電信」は大手なのでカードを入手しやすく、日本語のサポートも充実しているのでおすすめですよ。カード料金はプランの内容によって異なるため、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

中華電信SIMカードのプラン(一例)

3日型(72時間+WiFi) 料金300元(無料通話100元)
5日型(120時間+WiFi) 料金300元(無料通話50元)
7日型(168時間+WiFi) 料金500元(無料通話150元)

(さらに長い日数のプランもあり)

台湾のSIMカードが使える端末とは?

スマートフォンなどの端末には「SIMロック」と「SIMロックフリー」があり、前者は他社のSIMカードが使えないように制限がかけてある端末、後者は制限をかけていない端末となります。海外旅行先でSIMカードを購入して使用したい場合には、SIMロックフリーの端末である必要があります。日本の通信キャリアのSIMロック型端末を使用している場合は、事前にロックを解除しておきましょう。ロック解除は、各キャリアの店頭もしくは電話、オンラインからでも依頼可能です。

各キャリアによってロック解除手続きの詳細は異なりますが、共通しているのが「キャリアが指定した対象端末であること」「端末の購入から100日以上が経過していること」などが挙げられます。

台湾のSIMカードはどこで買える?

台湾のSIMカードは、出発前と現地に到着後のどちらでも購入することができます。

出発前に日本の空港で

現地に着いてからバタバタするのが嫌な人は、出発前に日本の空港でSIMカードを購入しておくと安心です。中華電信の「4G day型プリペイドカード5dayタイプ(LTE対応)」は、新千歳空港、成田空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港で購入可能です。

こちらのカードは通信料無制限で5日間の利用が可能で、1日分の通話料も付いているため実質6日間使用することができます。また、50元分の無料通話も付いてくるので大変得ですね!通話分のリチャージは、現地の中華電信ショップやコンビニの発券機などで行うことができます。

成田空港・羽田空港・関空の中華電信SIMカード発売場所

◎成田空港第1ターミナル

場所 モバイルセンター成田第1(成田第1旅客ターミナル地下1Fコンコース)
営業時間 7:30〜21:00

 

◎成田空港第2ターミナル

場所 モバイルセンター成田第2(成田空港第2ターミナル地下1F)
営業時間 7:00〜21:00

 

◎成田空港第3ターミナル

場所 モバイルセンター成田第3(成田第3ターミナルビル本館2F)
営業時間 6:00〜21:00

 

◎羽田国際線ターミナル

場所 モバイルセンター羽田空港(羽田国際線ターミナル3F)
営業時間 6:30〜23:00

 

◎関空第1ターミナル

場所 モバイルセンター関西空港中央(第1ターミナル 1階到着ロビー)
営業時間 7:00~21:00

 

◎関空第1ターミナル

場所 モバイルセンター関西空港南(第1ターミナル 1階到着ロビー)
営業時間 7:00~22:30

到着後台湾の空港で

台湾に到着後も、桃園国際空港、台北松山空港、高雄国際空港、台中空港には、現地のSIMカードが購入できるカウンターがあります。いずれも到着出口すぐの分かりやすい場所にカウンターがあるので安心です。

事前のインターネット購入で時間を節約

インターネットサイトのamazonでは、台湾で使用できるプリペイドSIMカードが販売されています。会社によって値段はバラバラなので、カードの通信容量などをしっかりとチェックした上で自分にぴったりのものを選びましょう。amazonでの購入のメリットは、何といっても時間の節約でしょう。事前にSIMカードを挿入して使えるようにしておくと、現地に着いてからアタフタする心配もありません値段も現地で購入するのとそれほど変わらないのもポイントです。

台湾SIMカードまとめ

海外旅行先ではスマートフォンで検索すると、現地で必要な情報をすべて得ることができますね。日本の通信キャリアの海外プランだとどうしても使用料金が高くなるので、現地で使用できるSIMカードを利用するのが断然おすすめです。SIMカードを端末に挿入して簡単な設定を行うだけで、誰でもすぐにインターネットに接続することができます。SIMカードを有効活用して、思いっきり台湾旅行を楽しんでくださいね。

▶【気になる台湾Wi-Fi事情!無料Wi-FiとWi-Fiルーターのレンタルはどちらが便利?】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事