台湾出発前ハウツー

台湾で日本の電化製品は使える?台湾のコンセントタイプと電圧事情を徹底解説

台湾旅行でスマホやデジカメなどの充電器を使いたい時、そのまま現地のコンセントに差し込んでもよいか、それとも変換プラグが必要か気になりますよね。そこで、今回は台湾のコンセントやプラグ、電圧事情をご紹介いたします。

台湾のコンセントやプラグは日本と同じ?

まずは、台湾のコンセント事情を知る前に、コンセントとプラグの違いについて簡単に確認しておきましょう。

  • コンセントとは、建物の壁に備え付けられている差込口のこと。
  • プラグとは、電化製品のコードの先端に付属している差込のことをいいます。

たとえば、充電器のコードの先にある2本の平べったい金具の部分がプラグで、それを差し込んで電気器具と電線をつなぐ場所がコンセントになります。

では、台湾のコンセントはどのようなタイプなのでしょうか。

台湾は日本と同じAタイプのプラグ

台湾のコンセントタイプは、日本と同じAタイプです。Aタイプとは平たい金属が2本差し込める2穴式タイプのものをいいます。つまり、日本で使っている電化製品のプラグをそのまま台湾のコンセントに差して使うことができるのです。

また、なかには平たい金属が入る2つの差込口+丸い差込口があるタイプもありますが、丸い差込口は気にせずそのまま2つ穴に差し込んで大丈夫です。

変換プラグはいらない

台湾と日本では、コンセントタイプが同じなので基本的に変換プラグはいりません

ただし、古い建物などでは、コンセントタイプがCタイプ、もしくはOタイプといった別タイプが使われている場合もあるため、その際は変換プラグが必要です。宿泊先によっては、変換プラグの貸し出しをしているところもありますので事前にホームページなどで確認をしておきましょう。

台湾の電圧は日本と同じ?

 

コンセントタイプは台湾と日本が同じであることがわかりましたが、台湾の電圧や周波数はどうなのでしょうか。台湾と日本それぞれの電圧と周波数を比べてみました。

台湾の電圧VS日本の電圧(V/ボルト)

  • 台湾:110ボルト
  • 日本:100ボルト

台湾と日本では電圧に若干違いがあります

台湾の周波数VS日本の周波数(Hz/ヘルツ)

  • 台湾:60ヘルツ
  • 日本:5060ヘルツ

日本の周波数は、50ヘルツ(東日本)、60ヘルツ(西日本)と地域によって違いがあるため、日本の電化製品は5060ヘルツに対応できるようになっています。

変圧器は必要?

 

海外旅行の場合、日本から持っていく電化製品が、その地域の電圧や周波数に対応していない場合、故障の原因になりかねません。そこで日本と電圧が異なる台湾では、電化製品を使う場合に変圧器を使った方がよいのでしょうか。

ご安心ください。じつは、最近販売されているスマホやパソコンなどの電化製品には、「AC100-240V5060Hz」と記載されていることが多く、これは「電圧が100240ボルトまで、周波数が5060ヘルツどちらでも対応できますよ」という意味になります。

  • つまり、電圧が110ボルトの台湾でも日本で使っている電化製品をそのまま使うことができるのです。

ただし注意しなければならないのは、まれに日本で販売されている電化製品の中に、100ボルト専用のものや50ヘルツ専用品(10050Hz)と記載されているものがあります。

その場合は、電圧、周波数(100V50Hz)を日本対応のものから、台湾用の110ボルト60ヘルツに調整する変圧器を使わなければなりません。とくにパソコンやデジカメなどの精密機器を台湾で使う場合は、事前に電化製品に記載されている表示内容をご確認ください。なお、ドライヤーなど熱を発するものは安全上、変圧器のご使用をおすすめ致します。

▶【台湾の旅行の持ち物リスト完全版!必需品からあると便利なものまで】はこちら

変換プラグや変圧器はどこで買える?

台湾旅行では、万が一に備えて変換プラグや変圧器を用意しておきたいと思っている方もいることでしょう。

変換プラグや変圧器は、家電量販店へ行けば必ず売っています。また、値段は上がりますが商品によっては、ほとんどの国で対応できる変換プラグや変圧器もありますので、今後も海外旅行へ行く予定のある方はそういった商品を選んでみてもよいかもしれませんね。

もし事前に買い忘れてしまった場合でも、当日空港のショップが開いている時間帯であれば変換プラグは買えますのでご安心ください。

台湾コンセント・電圧のまとめ

海外旅行の準備で気になる海外のコンセントや電圧問題。台湾では日本とコンセントの形状が同じであり、電圧や周波数もほぼ変わらないため、変換プラグや変圧器を持って行かなくても大丈夫。つまり台湾でも日本と同じようにコンセントのあるカフェでパソコンをしたり、スマホの充電ができたりするのです。とっても便利ですね。

ただし、台湾以外にも別の国へ滞在する予定のある方や、乗り継ぎ便で他の地域を利用される方は、訪れる地域のコンセントや電圧について事前に確認をしておきましょう。

▶【台湾の天気や気温は?服装はどうする?ベストシーズンと台風についても!】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事