台湾出発前ハウツー

交通費や飲食代は日本よりも断然安い!?気になる台湾の物価について調べてみました

旅行先でかかる飲食代や交通費、宿泊費などは物価によって異なりますね。台湾は日本よりも物価が安いといわれますが、実際にはどれくらの差があるのか知っていますか?こちらの記事では、旅行前に知っておくと役立つ台湾と日本の物価の差を解説します。

台湾で使用される通貨は?

台湾で使用される通貨は「台湾元」と「台湾ドル」でどちらも同じものです。さらにお店などによっては、金額表示に「NT$」「TWD」「圓」などが使われていて混乱するかもしれませんが、実はこちらもすべて同じ意味なので心配ありません。中国も元を使用する国ですが、台湾の元とはまったく異なるものなので台湾元としては使用することはできないので注意しましょう。

台湾で流通しているコインは1元、5元、10元、50元があり、紙幣は100元、500元、1000元となります。稀に200元や2000元といったレアな紙幣にお目にかかることもあるでしょう。2019年1月19日現在でのレートは、1台湾ドル3.55円となります。

日本と比べて物価が安いというイメージがある台湾ですが、実際のところどうなのでしょうか?ここでは両者の物価を比較してみました。(1台湾元=3.5円で計算しています)

▶【台湾旅行で日本円から台湾元にするお得な両替場所とは?】はこちら

お水

コンビニやスーパーなどどこでも買えるお水。海外旅行では水道水が飲めないため、ペットボトルのお水は欠かせないアイテムです。台湾では500mlのペットボトルが15~20台湾元(約52~70円)程度日本では100円以上はかかるので、台湾の方が安くなります。

スターバックスのコーヒー

台湾のスターバックスでは、本日のコーヒー(ドリップコーヒー)がshortサイズで75台湾元(約262円)、Tallサイズは85台湾元(約297円)です。日本ではshortサイズ280円、Tallサイズ320円と台湾より少し高いくらいです。

マクドナルド

両者のビックマックセットで比較してみましょう。台湾ではセットが119台湾元(約416円)なのに対して、日本では690円程度かかります。味はほとんど変わらないことから、台湾の方がとてもお得なのがわかりますね。

タピオカミルクティー

タピオカのモチモチ食感がたまらないタピオカミルクティーは、台湾でぜひとも飲んでみたいドリンクです。現地ではたっぷりの量でありながら、1杯30台湾元程度(約105円)で購入することができます。日本では300円以上はするので台湾が断然安いですね!

▶【もちもち食感がやみつきになる「台湾タピオカミルクティー」!オーダー方法やおすすめのお店などをご紹介】はこちら

フライドチキン

台湾の屋台で人気の巨大フライドチキンは、人の顔ほどの大きさがある名物です。そんなチキンがなんと70台湾元(約245円)程度で食べられるというから驚きです。1個でお腹いっぱいになること間違いなし!

小籠包

台湾名物の小籠包は日本でも大人気ですね。台湾の老舗小籠包専門店「鼎泰豐」は日本にも支店を持つ有名店です。本場の台湾では鼎泰豐の小籠包は10個で210台湾元(約735円)です。日本では小籠包10個で1,450円程度するので、台湾では日本の半額程度で食べられることになります。(ただし、台湾の鼎泰豐では別途10%のサービス料が必要となります)台湾の庶民的なお店だと、小籠包10個は100台湾元程度で食べられるでしょう。

▶【台湾絶品グルメの小籠包を食べるなら外せない!?「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の人気の秘密を大公開!】はこちら

魯肉飯(ルーロー飯)

台湾の国民食「魯肉飯(ルーロー飯)」は、飲食店や屋台などでも食べることができます。地元の人が通うような庶民的なお店であれば、1杯30台湾元程度(約105円)で食べることができるのはうれしいですね。店舗によって味付けが異なるので、いろいろ食べ比べてみてはいかがですか?

タクシー

台湾の街中には流しのタクシーも多く走っているので、観光でも気軽に利用することができます。台北での初乗り料金は70台湾元(約235円)となり、23~翌6時までは深夜割増として90台湾元(約315円)となります。東京での初乗り料金は410円(深夜料金は2割増)です。

また、メーターごとの運賃は、台湾が200mごとに5台湾元(約17.5円)追加、日本は237mごとに80円が追加されていく仕組みです。便利で安い台湾のタクシーを観光にうまく利用するのはおすすめです。

▶【台湾のタクシーは安い?気になる料金、トラブルを防ぐために知っておきたい情報まとめ】はこちら

MRT

台湾観光の足として欠かせない地下鉄「MRT」東京メトロの初乗り料金が170円かかるのに対して、MRTの料金は20~50台湾元(約70~175円)とお得です。台湾の地下鉄はとてもきれいなので、旅行者でも安心して利用することができます。

▶【台湾の地下鉄・MRTの乗り方・料金・悠遊カード情報まとめ!】はこちら

ブランド品

COACH

比較するのはCOACHのショルダーバッグ「イーディーショルダーバッグ28」日本の税込価格は59,400円なのに対して、台湾の免税価格は12,600台湾元(約44,100円)と1万5000円以上もお得になります。

Dior

化粧品の人気ブランドDiorの「アディクトラッカースティック」を比較してみましょう。日本では税込4,212円ですが、台湾での免税価格は1,020台湾元(約3,570円)となります。為替の変動によって金額は随時変わりますが、600円以上の差は大きいですね!

台湾の物価まとめ

日本と比較するととてもお得に食事やショッピングが楽しめる台湾。ショッピングを目当てに台湾旅行を計画する人も少なくないでしょう。日本とまったく同じものが安く買えるのはうれしいですね。人気の台湾ビールも、お土産としてたくさん購入している人の姿を多く見かけます。物価の安い台湾で思いっきりグルメやショッピングを満喫しましょう。

▶【台湾旅行で日本円から台湾元にするお得な両替場所とは?】はこちら

RECOMMEND おすすめの記事